本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
資料請求
ここから本文です

新着情報

腸管出血性大腸菌O157のワクチン候補株の作製に成功

[CATEGORY] プレスリリース, 新着情報 [tag]

大学院医学系研究科細菌学講座の平川 秀忠准教授らの研究グループ(富田 治芳教授)は、同研究科生体防御学講座の鈴江 一友講師との共同研究により、腸管出血性大腸菌O157のワクチン候補株の作製に成功しましたので、お知らせします。

本研究成果により、腸管出血性大腸菌O157の感染症予防や治療法の発展に繋がることが期待されます。

本研究は、日本学術振興会科学研究費助成事業および、国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (AMED) 新興?再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業(20fk0108061j0003) による支援を受けて行われました。

 

本件のポイント

  • 腸管出血性大腸菌 O157 は、Tol/Pal システムと呼ばれる蛋白質を産生しますが、本研究では、Tol/Pal システムを産生できない変異型 O157(以下、変異型 O157)は、ほとんど病原性を示さないということを発見しました。
  • 変異型 O157 は、3型分泌蛋白質と呼ばれる病原性蛋白質の分泌不全を起こしており、ヒトの上皮細胞に対する傷害性が顕著に低下していました。
  • O157感染症の代替モデルであるシトロバクター菌を用いてマウスに対する病原性を評価したところ、Tol/Pal システムを産生できない変異型シトロバクター菌は、マウス内で腸炎や下痢を起こさず、致死性も示さないことを明らかにしました。
  • 一方で、変異型シトロバクターを感染させたマウスでは、防御免疫に最も重要な Th17細胞の活性化が観察されました。
    以上の結果から、Tol/Pal システムは、腸管出血性大腸菌 O157 感染症に対する有力な治療標的分子であること、また変異型 O157 は、ワクチンの有力候補になりうることが示唆されます。

詳細

関連リンク

本件に関するお問合せ先

(研究について)
群馬大学 大学院医学系研究科細菌学講座
准教授 平川 秀忠


(取材対応窓口)
群馬大学 昭和地区事務部 総務課 広報係
TEL:027-220-7895
FAX:027-220-7720
E-MAIL:m-koho*jimu.gunma-u.ac.jp

*は@に置き換えてメールをお送りください

 

 

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です