本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

新着情報

投稿カテゴリー プレスリリース

インスリンの新たな分泌様式の機序解明 ~メラノフィリンが細胞内部にある分泌顆粒からのインスリン分泌を担う~

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報
今回、群馬大学 生体調節研究所 遺伝生化学分野の王昊助教、泉哲郎教授らの研究グループは、北里大学、横浜市立大学、東京大学との共同研究で、インスリン分泌の新しい機序を見出しました。これまでの研究で、あらかじめ細胞膜に接着し …

学長適任者について(2020年9月29日公表)

[CATEGORY] プレスリリース, 新着情報
国立大学群馬大学学長選考会議は、学長適任候補者として推薦のあった者について、資格審査を行い、別添のとおり学長適任者として選考しましたので、お知らせします。 <参考> 学長適任者:学?選考会議が、「経営協議会」 …

大学院理工学府の後藤民浩准教授が共著者として関わった論文が、Nature Communications誌に掲載されました

[CATEGORY] 受賞?成果等, 報道発表, 新着情報
大学院理工学府(理工学基盤部門)の後藤民浩准教授が共著者として関わった論文が、イギリスの科学誌「Nature Communications」に掲載されました(9月15日)。 概要 掲載誌:Nature Communica …

マラリアによる脳症がおきる仕組みを解明

[CATEGORY] プレスリリース, 新着情報 [tag]
大学院医学系研究科生体防御学講座のNgo-Thanh Ha(ゴー タン ハー)医学系研究科大学院生と今井孝助教らの研究グループは、大阪大学、国立感染症研究所との共同研究により、血液脳脊髄液関門の透過性を定量する新しい方法 …

腸管出血性大腸菌O157のワクチン候補株の作製に成功

[CATEGORY] プレスリリース, 新着情報 [tag]
大学院医学系研究科細菌学講座の平川 秀忠准教授らの研究グループ(富田 治芳教授)は、同研究科生体防御学講座の鈴江 一友講師との共同研究により、腸管出血性大腸菌O157のワクチン候補株の作製に成功しましたので、お知らせしま …

日本初、大型バスの遠隔監視?操作による自動運転を営業運行で実施

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報
相鉄バスと群馬大学、日本モビリティでは、「秋の里山ガーデンフェスタ」の開催期間中である2020年10月5日(月)と 14日(水)に遠隔監視?操作による自動運転の実証実験を行います。大型バスの遠隔監視?操作による自動運転を …

大学院理工学府の清水義彦教授が参加する実証実験が、太陽誘電株式会社、大泉町、千代田町との協働で開始されます

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報, 研究?産学連携
大学院理工学府の清水義彦教授(群馬大学大学院理工学府広域首都圏防災研究センター※長)が、太陽誘電株式会社、大泉町、千代田町と協働して河川等状況監視システム(以下、河川監視システム)の実証実験を実施することとなり、9月14 …

定例記者懇談会(第3回)を開催しました

[CATEGORY] 報道発表, 新着情報
群馬大学では、本学で行われている特徴的な教育?研究を戦略的に広報することで、顔の見える大学を目指し、定例記者懇談会を開催しています。 2020年9月9日(水)に定例記者懇談会(第3回)を開催しました。 発表事項 「情報学 …

群馬大学「情報学部」及び新生「理工学部」の設置が 文部科学省に承認されました

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報
群馬大学(群馬県前橋市)は、英雄联盟比赛押注appと理工学部(電子情報理工学科情報科学コース)を統合した「情報学部」及び5学科体制から2類8教育プログラム体制に再構築した新生「理工学部」の設置について、文部科学省へ申請していました …

アデノ随伴ウイルスベクターを迅速に作製する手法を開発 -遺伝子治療/脳神経科学の基礎研究を加速-

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報
群馬大学未来先端研究機構(群馬県前橋市)は、血液脳関門透過型のアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターであるAAV-PHP.eBを迅速かつ簡便に作製する手法を開発しました。本手法を用いれば、一般的な培養環境のある研究室におい …
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です